FC2ブログ

oilogo1.gif

   新しいホームページができました!


*work*
らでぃ~!
2008年に発行された幻の冊子。テーマは「南のムラ」そして「水を巡る旅」。
記事はこちら




食のたからもの再発見
東京財団2009年度政策提言プロジェクト全25編。今の時代に残る各地の食の「記憶」をまとめた貴重な記録。「釜炒り茶」「木曽赤かぶ」を担当。各方面で活躍中の執筆陣に叱咤され貴重な経験させてもらった。椎葉村、九州のお茶は忘れられません






味の箱舟/ark of taste
2007年、スローフード協会のプロジェクトに協力。現在22品目が国際認定を受けた、日本の「味の箱舟」品目のうち13品目の認定を手伝った。認定品目(英語)はこちら




ここきち!
知人のMさんがやってる農家レストランポータルサイト。



国友農園
高知県いの町、山奥の実生自生のお茶を再生させた釜炒り茶。自然とともにあるお茶の原風景が広がって



熊野鼓動!
がんばってほしい友達がいるところ。



お米のふなくぼ
お米のこと、ごはんのことを大切に考えるお米屋さん




森の空想ミュージアム
宮崎県西都市。児湯郡木城町茶臼原のすぐそばで、祈りの空間。主宰は高見乾司さん。九州の民俗仮面博物館もある






*ナナオサカキ*
*profile*

ponchu

Author:ponchu
日本の歩き方……おいしい村はどこにある? by タケウチアマネ

category:
[hito]農の人

≪next main prev≫

小泉正浩さん

 彼の家庭は温かい。父ちゃんは父ちゃんらしく、母ちゃんは母ちゃんらしく、子どもは子どもらしい、のびのびと、すっくり大地に育った有機農業の家庭だと思う。それは父ちゃんの人柄。農業の技術以前に家族を見ればそれがわかる気がする。彼の有機農業がうまくいっているとは聞かないし心配もされる。なかなか畑は難しいらしい。

 経済に明るい人は人を雇えと言うが、彼は家族営農の姿を思い描いてしまう。

 親父さんがなくなって以来、牛を飼いながら畑もこなして限られた人手で1年を切り盛りするのは限界があることはわかるが、人を雇ってまでする農業よりも、多少は苦しくても、目の届く範囲で自作の家族営農を選びたい。悩みどころだが、それを決めるのに、結果としてじっくりと時間をかけてしまう。まわりはやきもきもするが、その間も子どもはすくすくと育っている。

 技術に明るい人はこうしろああしろというが、彼は循環、自給の姿を思い描いてしまう。

 あの肥料がいい、この肥料がいい、堆肥だけでは管理しきらんなとはわかっているが、自分の育てている牛の堆肥で、その堆肥をより良く改良すればなんとかなるっちゃないかなと、畑に入れては様子を見るが、思うようには行かないらしい。病気もでるし、でも薬は使わない。だから作物が穫れないが、その間も子どもはすくすくと育っている。

 ロマンチストといえばそうかもしれないが、僕はそれだけとも思えない。オヤジが死んだことを引きずってると言う人もいるが、僕はそうとも思えない。宮崎木城の、太古からの人暮らす広い丘の上で、つましいがゆったりでっかく構えた暮らしを、自分の代で確定させたい。そんなふうに思っているのが、彼小泉正浩なのだと思うのだ。しかしまあ、作物の声や土のようすを感じる感性、計算も時には必要な賢さだと割り切るような理性。それらにのめりこむような小っちゃい人物ではないので、飲み込んで使いこなす寛容さが、今よりもっとでっかく育つ気はするのだ。

 その証拠に、彼の家庭は温かい。父ちゃんは父ちゃんらしく、母ちゃんは母ちゃんらしく、子どもは子どもらしい、のびのびと、すっくり大地に育った有機農業の家庭だと思う。それは父ちゃんの人柄なのだから。

 小泉正浩は、大地の子じゃ!

f:id:buonpaese:20080121170629j:image

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

浦辺誠さんと菜穂子さん

 正月明けて7日。実に15年ぶりに浦辺さんちに行った。まだ僕がこの世界に入りたて31才の頃だった、と思うので15年ではなくもっと昔! 春先の新しい企画のための取材で行ったのだが、自分があっけからんと満面笑顔で行動するのかと思ったのだが実は始終緊張していた。

f:id:buonpaese:20080107142653j:image

 それは浦辺さんの生き方が最初に会った頃と寸分たがわず、その上に年齢を重ねた表情があって、だいぶ色々なことも経験し、変化の大きかった自分が今たどり着いている地点がどうしようもなく遠いような悲しさというか、じい~んとするものこみ上げてくるものを(ウソじゃなく)こらえ続けていたような気がするからだった。だからコトバでコミュニケートしようとも思わなかったし、うまくいえないが、ハラの中で会話していたような気がする。

f:id:buonpaese:20080107144640j:image:left

 浦辺さんは、種子島に住んでいる。菜穂子さんとふたりで有機農業をやっている。この島でしか穫れない安納芋をつくり、自家用にはサトウキビもつくったりする。2頭の馬を飼っていて、あとは何してるんだろうか。海に出ては魚も突くし、たぶん田んぼもやっているんだろう。そうだバナナもやっている。限りなく自給に近い暮らし。暮らしを手づくりする暮らしを、暮らしている。

 畑に行き、部屋で話を聞き、夜になったら酒を飲み、その間中、サケを飲んでいた。ぷしゅっ、ぷしゅっと、缶ビールを空けていた。しじゅう笑いながら、おおシワも増えたなぁ、日に焼けて。

 たった1日。翌日朝6時のトッピーで鹿児島に帰った。

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

水のデザイン……向山茂徳さん

ぼくのシゴト先の生産者向け情報紙『Radix News Letter』の12月末発行号(52号)に、向山茂徳さんという方を紹介した。すばらしい方なのでここでも紹介したい。以下……

自然に還る畜産

農場主の向山茂徳さんは1984年、塩山市から茅ケ岳山腹1000mの地に現在の黒富士農場を開設、1991年平飼い養鶏を開始した。農場中央を流れる沢の左右の斜面上、森にうもれ佇む鶏小屋。沢水は変わらずおいしい。この土地で向山さんが進めている新たな取り組みを紹介する。

●水をデザインする

畜産は生産の工程より静脈側のシステムを見る。すなわちその構造を見るのに、土と水がどう循環しているかを見るのがよい。この意味で向山さんの設計思想は、すべて農場を流れる“おいしい”沢の水にあると言える。

森の営みが生命活動に起因する汚染物質をどのように浄化するか。

向山さんはそのふるまいを科学的にシステムに取り込むBMW技術にめぐり合い、土着の微生物と、自然が本来備えるミネラルの機能を活用し、嫌気発酵主体のバイオリアクターを介して畜ふんを活性堆肥に、汚水を活性水に転換し循環させる技術を農場の設計の柱に据えた。

f:id:buonpaese:20071029134254j:image:left日本の畜産において飼料は輸入が前提だ。そして静脈である排泄の問題は別扱いで、コスト追及の面から長く目隠しされてきた結果が様々な環境汚染だ。向山さんは開設当初から、鶏糞発酵堆肥を域内で供給する仲間づくりを進め、15年前には山梨県内の果樹農家とのネットワークを結び、“土”での農畜連携を遂げている。その仲間が“やまなし自然塾”であり、技術的な背景をなす山梨自然学研究所(※1)へと進化していったし、開設から10年に及ぶ大仕事が、森に埋もれた農場の沢水を生かし続けてもきた。

水のデザイン。これらが後世に残るだろう黒富士の事業の骨格だ。ローインパクトを旨としながら、事業として高い生産性を保つ黒富士の生産システムは、堆肥や水で域内ネットワークを結ぶことで一旦の完成を見た。

●地域に還る畜産

次に向山さんが目指すのは、飼料のネットワークと、その有効活用のための技術の完成だ。以前の日本農業が小農有畜複合であり、田畑と、家畜小屋には数十羽の鶏、数頭の豚や牛が暮らす姿。餌はワラや残飯などの副産物が養うことで循環していた。原油高、穀物相場の急激な不安定化で注目されている飼料自給だが、向山さんはこの取り組みに既に5年の時を費やしてきた。

向山さんの目指す飼料の域内自給は、まったく新しい技術になってくる。それはまず高品質の生産物を安定して生産しつつ、分業化した食品産業全体をネットワークする。そして最終的には生産物に高い機能性を見出していく。

f:id:buonpaese:20071029154534j:image:left基本形はもう見えているという。現在向山さんが入手している菜種油粕、味噌、オキアミ粕、米ぬか、おからなどの飼料原料のすべては域内の食品メーカーから産出され、履歴が管理されているが食品残渣と呼ばれる、いわば廃棄物。これらを鶏の健康衛生面、求められる代謝スピードから、乳酸菌(腸内pHを安定化させる)と納豆菌(サルモネラ、コクシジウム対策)などにより積極的に発酵させ、最終的にはアミノ酸バランスを調整した上で飼料とする。

ボイラーつきの混合装置を発酵槽として、発酵時のみ加温。嫌気と好気の異なる条件をコントロールしつつ、4つの槽を経て完成させる。ここで発生する暖かい空気は、隣室で別途進めているクロレラの培養室に送られ、これもBMW技術による活性水で培養、飼料にタンパク源、色素源として添加される。

この一連のシステムが現在、沢を隔てた鶏舎の反対側に設置されていて、原料供給、細かい耐用が確認できた後は、しっかりと農場全体の系に組み込まれ、少しずつ現在の輸入飼料に取って代わる予定だ。畜産が、新しい地域との結びつきを、必然として生み出すのかもしれない。

物質循環の大きな流れは土でも飼料でも、域内のネットワークで、人が生み出す。目に見えない部分では、森の常在菌の緩やかな浄化力を土と水に(広範に)対応させる。飼料の発酵には積極的に菌種を選定し(限定し)対応させる。生命体は物質循環において唯一、秩序を生む流れだというが、ここでは人と微生物の秩序形成の総合力が、水を汚さない、クリアでクリーンなデザインに結ばれていると言える。

こうした一連の取り組みは、かつてアメリカ西海岸で志向された適正技術の流れや“豊かさを2倍に、資源消費を半分に”を標榜した『ファクター4』(E・ロビンスほか著・省エネルギーセンター刊)をほうふつとさせた。一貫しているのは高度な技術による自然との共存。そしてその景観は“草の屋根”の建築などで知られるドイツの建築家、フンデルトワッサーの環境デザインだ。

f:id:buonpaese:20071221031748j:image:leftフンデルトワッサーはオーストリアの芸術家で、建物と樹木の曲線をモチーフにしていたが、後期はその世界を建築として展開していった。建築と植物を一体化させるレイアウト、特にルーフプラント(屋根が植物と同化していく)発想が美しい。写真はウイーンにあるフンデルトワッサーハウス。まるでトトロの森のように住居が樹木に覆われていく。

f:id:buonpaese:20071029133150j:image:left左が山の斜面の黒富士農場の真中。ここに住居があって、上下に鶏舎が佇んでいる。2mもあるフクロウが鶏小屋の中を飛びぬけていったと、黒富士開設時のエピソードを伺ったことがある。夏の緑にうずもれていく生き物たちの空間が、清らかな水と共にあるイメージ。

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

岩崎政利さん

 この人抜きに有機農業は語れないだろう。長崎は雲仙市吾妻町の岩崎政利さんだ。

 先月末、同僚のNちゃんと久しぶりに岩崎さんの畑におじゃました。いつもと同じ畑を見て歩き、少しずつ整備が進んでいる研修小屋で話をし、畑の丘から眼下の諫早湾に降りていき、国見の運動場の宿舎に3人で泊まる。風呂に入り、とても質素な食事をして、部屋で飲む、話す。この日のお題は「スローフード、どんですかぁ」。その他もろもろ、いろいろを話し……

 この頃歴史という言葉が気になっている。今自分が話している人は歴史に何かを刻んでる人なのではないか、今ある景色は、いつかなくなってしまうんじゃないか。この人はやっていることは、どんなふうにして引き継がれていくんだろうか……

f:id:buonpaese:20071027143250j:image

 5年も前、岩崎さんが東京に出てこられ野菜の自家採種の話をした。そのとき、メガネの奥のちっちゃな目を輝かせて、農法の話をしてたことを覚えている。有機農業は一般に栽培方法とりわけ畑の土作りが中心に語られがちで、その農法も土周辺、作物の生育周辺、肥培管理にまつわるものが多いが、岩崎さんの考え夢見る農法は、種子の生命力を生かして生み出そうとするもので、出来るだけ肥料を使わない考え方だ。その頃自然農法の種苗生産の研究所に行ったりしていて、種苗生産の肥培管理と、食用野菜の肥培管理がぜんぜん違うことは知っていたが、この日も変わらず、その農法の“続き”を話してくださった。

 完全なる無肥料は、野菜という形あるものが畑から外に持ち出される分、どうしてもムリと前提した上で、岩崎さんは土に空気中の窒素を固定するマメ科の品種との混植によって、忌避効果も期待する栽培デザインを構想していた。様々なマメ科作物を植えては様子を見、植えては失敗もし、今はとある珍しい品種に期待をかけているという。研修小屋脇の畑のはじっこに植わっていたその作物は「!!!!!!!」

 ……さて、これも昔話吾妻町の役場で立ち話。暑い日だったから植え込みの木陰、地べたにアグラで話し込んでいたときだった。岩崎さん、話しながらなにやら地面をいじっている。なにしてるんですかと聞くと「え?」と無意識に地面をいじる自分の手に気づき、ただでさえくしゃくしゃの顔を、これ以上ないくらいひしゃげさせ「やあいつのまにか草取りしてしまってたですねェ~いや~いや~勝手に手が動きよるねぇ~」。土と共に生きているかのような岩崎さんの忘れられないエピソード。

 あいかわらずちっちゃな目を輝かせて話す岩崎さんの、この日はその“手”の歴史を、カメラに納めた。

f:id:buonpaese:20071027162248j:image

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

すばらしき土佐

 シゴトで高知に行かせてもらった。農産の勉強会。その幹事役を務めてくださったのが、高生連の田中さんという人。田中さんには何度かお目にかかったことがあったが、今回はとてもお世話になってしまった。

 勉強会が終わっての夕方。ほんの30分だったが、僕をホテルに送りがてら「高知の4つの流れをお見せしましょう」と岡本寧穂の学び舎跡、武市半平太の道場跡、中江兆民の生誕地、河田小龍の生家跡の4つをざざざぁ~と回ってくれ、維新前夜の土佐がどんな場所だったかを、僕の小っちゃなアタマに余りあるほどにざざざぁ~っと教えてくれた。4つの流れとは、岡本寧穂の陽明学による開明的な風土、半平太による尊皇攘夷の烈しき気風、若者の血気、中江兆民の自由民権思想、河田小龍という画家が長浜万次郎からもたらした情報の先進性のこと。と、おぼろげに理解したがおぼつかない。

 高知の町は、翌日五台山という山から眺めて実感したが、思いのほかに小さく、その小さな町を駆け巡った維新が、なぜあれほどまで多くの偉人を輩出したのか、どれほどの激動をもたらしたのかを想像させてくれた。それは、人のもたらした地政学的な特異性とでも言えばいいのか。とにかく高知は、交通の要衝とか、政治の中心地とかではなく、功少ない徳川外様山内家が封じられた辺境の地であって、のほほんとそこにあるだけでは説明がつかない。

 その特異性の基底にあるのは、上士と郷士という2種の武士階級の存在がもたらす300年にわたる緊張関係ではないかと想像するが、そのうえで、人が異風を持ち込む。その度に鍛えられて行く。維新前夜の高知は、その時点でアメリカとフランスと幕府との中間という地政学的なポジションにあった。そんな特異性が、田中さんの4つの流れでなるほどと説明された気がした。

 おかげでその夜は気持ちもデカくなり、さすが土佐っぽ、酒豪の田中さんと3軒はしご。すばらしき土佐の夜だった。それにしても田中さん、博学である。昔から勉強してたんですかと聞くと「いやあ、新堀川のことがあってねぇ、それからですよ」との答え。案内された4つの場所はすべてが高知市内を流れる新堀川のすぐそばにあった。さて新堀川とは?いやはや。続く。

f:id:buonpaese:20071005114134j:image 

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
*calendar*
07 | 2019/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
*diary*
*hatake*
1月11日
* hatakealbum *
*tag * search*

> tags
柚子 自給 吉田比登志 美麻村 釜炒り ヨーロッパ 柏木圭 美麻遊学舎 山口マオ 自家採種 在来種 野口勲 高見乾司 宮崎 九州 仮面 ターンムファーム 菓歩菓歩 山名 ガイア 石垣 近藤卓 アリシアベイローレル 宇野俊介 高遠 rulaの会 雲南 黒潮文化圏 かんころ餅 賛美歌 草加家 上五島 トマト 船本繁男 アサクラオイル オルチョサンニータ 中華街 悟空茶荘 ファイトレメディエーション 前沢りか エンドウマメ 七草 アサクラパスタ パスタ 焼きたらこ 朝倉オイル voiero 寺田本家 むすひ 日本酒 アサクサノリ 大木代吉 福島 ハルジオン 雑草 豆鼓 甜面醤 玲舫 麻婆豆腐 中華のツボ 炸醤 山里紀行 エーゲ海 プラトモナス 内山節 Voiello たらこ レメディエーション 菜の花 ラッキードラゴン ベン・シャーン 南西諸島 岡本一宣 Skyward 機内誌 松本俊介 立てる像 美大 原発 中華 酢豚 河野和義 八木澤商店 古式梃子絞り醤油 ナナオサカキ 急須 藤野 菜花 道の駅 干し大根 高菜 小松菜 焼酎 木城 黒木本店 高鍋 尾鈴山 山ねこ 烏龍茶 静岡 梅が島 依田健太郎 ヨダケン 山葵 市民農園 ラグー カムット小麦 サバ缶 デチェコ じゃこ フェデリーニ スープパスタ わかめ 飯尾醸造 立花隆 プリンシプル 浅草 鏡商店 やげん堀 唐辛子 七味 蕎麦座 和知 r丹波 蕎麦 有機農業 富良野 布施芳秋 八列とうきび うどん 京都 立ち食い にんじん 小泉正浩 石井十次 タラ さつま揚げ ブロッコリー スローフード ブラ ピエモンテ イタリア 大山菜 大山菜漬 伊勢原 かぐら辛っ子 八海山 新潟 神楽南蛮 魚沼 辻嘉一 甘露煮 チャーハン オイスターソース ハクサイ タンポポ ニホンホウレンソウ 朝露 モロヘイた 松野下蒲鉾 長吉屋 つけ揚げ 枕崎 山脇義秋 山脇紀子 山脇農園 青柳 國友 イノシシ 釜炒り茶 泉村 川辺 森の学校 鹿児島 タラモ タラコ じゃがいも 熊本 とうがらし 唐からし粉 赤湯温泉 ラーメン 火の国 阿里山 高山茶 奥田政行 白菜 カレー お茶 風蘭香 國友昭香 祝島 20年問題 アブラナ科 かもめ 三陸 宮古 うかたま 弁当 落花生 モロヘイヤ いしる 煮こごり ほうれんそう マルチ オクラ 佐伯 四万十 仁淀 高知 棚田 ひょうたん 朝市 大磯 漁協 ネンブツダイ 福岡 星野 黒木 サコダデザイン 十和錦 迫田司 香り米 ヒノヒカリ 國友農園 むらからまちから館 まるごと高知 出雲 米子 アミノ酸 生七味 賞味期限 カレイドスコープ オラ トマティーヨ 地域デザイン 三鷹 妖怪 水木しげる ワイナリー 木次 食の杜 奥出雲 島根 藁葺き 松江 にんにく ヌルポン おろちの爪 大社 釣り 田んぼ 稲佐 民宿 ブラウンスイス 日登牧場 大山 自家製 どぶろく 宍道湖 山尾三省 花豆 倉渕 和田裕之 バジル 麻布十番 放牧豚 群馬 榛名 清水雅祥 サルサ 三省 peppers.jp とんがらし 麻布十番納涼祭り りぐり山茶 上越国境 シロノワール 燃える火 お釜 石垣りん 渡邊玲 平田牧場 沖縄 口噛み酒 奄美 ミキ お粥 リゾット 干しシメジ 梅干 オリーブオイル ジャングル 家族 懐石 明治 料理 輪郭 選択肢 ニンニク 吉田ふるさと村 ヌルボン トウガラシ オロチの爪 別所蒲鉾店 竹並一人 お米 ふなくぼ商店 おむすび 船久保正明 ごはん 尾形修一郎 牛渡川 中山桜 遊佐 山形 ペトリーニ 食のクオリア 富士酢 寿司飯 ちらしずし 梅雨 油粕 神門 善久 アルチェ・ネロ ジロロモーニ 寿司 タバスコ スコヴィル ハンガリー インド パプリカ 波多野公介 スパ ダルマイカ 市場 味覚 クオリア おいしい 竜馬 土佐 茂木健一郎 山茶 四国 いの町 森は海の恋人 牡蠣 畠山重篤 宮城 水山養殖場 気仙沼 ざる 井上さん 畑俊八 仁淀川 干し筍 四万十川 うなぎ かわせみ 梼原 窪川 ひえり 未証明米 だだちゃ豆 佐世保 高木龍男 サツマイモ 嬉野 佐賀 大茶樹 五島列島 九十九島 自衛隊 魚市場 ハンバーガー海軍 村上龍 戸石フレッシュ朝市 雑魚 長崎 母ちゃん 戸尾 柚子胡椒 ナス 定食 もったいない アクトフォー ティア カサゴ 梅棹忠夫 中尾佐助 市川健夫 青葉高 石毛直道 白土三平 遠藤ケイ 森枝卓士 佐々木高明 池部誠 安心院 テロワール ジャコモモヨーリ ワイン シャケトラ 秩父 野口種苗研究所 飯能 山奥 落合務 レシピ ラ・ベットラ 料理通信 天然 鯛飯 押し寿司 土井勝 神奈川 いわし 包丁 カルパッチョ 盛田屋 燻製 イワシ 胡椒 出刃 アーチャン べこなん ベーコン 近藤醤油 田中屋 熊野 黒潮 那智勝浦 照葉樹林 マグロ マンボウ 鈴木和弘 隠岐 いわがき生産協業組合 岩牡蠣 出雲大社 海士 カルディ 松浦商店 倉田浩伸 カンボジア 熊野鼓動 星川淳 ワタリガラス ブータン 横瀬恒人 本宮 星野道夫 ヤタガラス 西伊豆 愛媛 醤油 田中一生 岩海苔 堆肥 塚本忠紹 静岡有機茶農家の会 深蒸し 藤枝 自園 横浜 有機 白干し梅 床漬け マルサ 田辺 ひじき 南高梅 くじらコロ ちかつゆ 紀州 蒲鉾 埼玉 大豆工房みや 金子美登 味輝 松田マヨネーズ 霧里農場 野口種苗 世界遺産 勝浦 玉蘭 発酵 天野茂 小柳三義 椎葉 原了郭 黒七味 祇園 大阪 国産小麦 天然酵母 世界パン ホシノ 新田九州男 グレープフルーツ 国産 右田秀利 らでぃっしゅ 小祝政明 柑橘 Radixの会 中嶋祐一 園芸 やきしお サラダ かき揚げ オニポテ 海の精 ラベットラ カルボナーラ 平飼い卵 無茶々園 パンチェッタ 岩地 礒もん カサガイ 手漕ぎボート 唐揚 メジナ コメダ珈琲店 昭和 ナゴヤ ホットドッグ 名古屋 喫茶店 菜心 ラー油 人形町 花椒 岩ノリ 寒天 心太 テングサ 高橋商店 ゆずすこ 柳川 生姜 紫蘇 山椒 八幡屋礒五郎 七味屋 長野 庄内 アルケッチァーノ 島村菜津 在来 鳥海山 岐阜 向笠千恵子 青海苔 伝統野菜 飛騨 飛騨山椒 七味家本舗 秋山郷 善光寺 戸隠 山菜 辛味大根 あざみ 陳皮 胡麻 野沢菜 おやき さみず 三水 ごま ちりめん 泡盛 味噌汁 堤防 ワカメ 食べるラー油 上尾