oilogo1.gif

   新しいホームページができました!


*work*
らでぃ~!
2008年に発行された幻の冊子。テーマは「南のムラ」そして「水を巡る旅」。
記事はこちら




食のたからもの再発見
東京財団2009年度政策提言プロジェクト全25編。今の時代に残る各地の食の「記憶」をまとめた貴重な記録。「釜炒り茶」「木曽赤かぶ」を担当。各方面で活躍中の執筆陣に叱咤され貴重な経験させてもらった。椎葉村、九州のお茶は忘れられません






味の箱舟/ark of taste
2007年、スローフード協会のプロジェクトに協力。現在22品目が国際認定を受けた、日本の「味の箱舟」品目のうち13品目の認定を手伝った。認定品目(英語)はこちら




ここきち!
知人のMさんがやってる農家レストランポータルサイト。



国友農園
高知県いの町、山奥の実生自生のお茶を再生させた釜炒り茶。自然とともにあるお茶の原風景が広がって



熊野鼓動!
がんばってほしい友達がいるところ。



お米のふなくぼ
お米のこと、ごはんのことを大切に考えるお米屋さん




森の空想ミュージアム
宮崎県西都市。児湯郡木城町茶臼原のすぐそばで、祈りの空間。主宰は高見乾司さん。九州の民俗仮面博物館もある






*ナナオサカキ*
*profile*

ponchu

Author:ponchu
日本の歩き方……おいしい村はどこにある? by タケウチアマネ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレモダンからポストモダンへ…食べものの境界線2

 情報はネット、リアルはグローバル物流。

 ……僕には過激に聞こえる梅田望夫さんのサバけ方。実は内心気になり始めていた。国産とか自給とかの叫び声に、どんな必然性があるのかと、いま一度考えてみたかった。国産とか自給とかへの固執はもはや不自然なんじゃないか?同僚に議論をふっかけたりもしていた。僕自身は、食も人間関係も可能な限り近いのが理想と思うが、それが正しいのかを、反論を仮定して検証したくなっていた。

f:id:buon-noson:20070629013203j:image:right

 そしてきのうは、読み終えた『今日の芸術』(岡本太郎著)の文中に、似たようなひっかかりを拾ってしまった。画伯が抽象絵画のことを“国境を越えた世界絵画”と位置付けたうえで、

この形式は世界共通語として、だれにでも語り掛けることができる。純粋な線、リズム、色彩には、人と人とのへだてをつける地方色というものはありません

世界は無数の小さな世界にわかれていました。各国、各地方にそれぞれ特有の風俗習慣があり、それがかなり純粋に保存されていたのです……おのおの限られた地域の中の別世界に住んでいたわけです

とし、

今日、世界はますます同質化してきています。それは、西洋的とも、東洋的とも言えない、まったく新しい世界的雰囲気です

と説明していたのだ。

 梅田さんのblogでの発言()の主旨は、ネットやグローバル物流の恩恵により海外でも日本語や日本食、日本の文化を容易に入手できるようになったと書いているに過ぎない。岡本太郎さんの内容は、狭い日本に囚われることなく、世界意識を獲得せよ、そのポジションから再度自らの内面や日本を真剣に考え体現せよ、というような脈絡だった。時代が世界を意識させていたのだろうとも理解する。

 僕は情報について、梅田さんがweb進化論で展開しているような“情報そのものについての革命的変化”という見識に認識を新たにしたし、素直に受け入れているのだが、転じて“食の流通そのものについての革命的変化”という整理がすなわち“グローバル物流”であるとすれば、素直には受け入れられない。“食文化から見た地域の重要性について”()に書いたとおり、僕はその弊害を指摘する立場にいる人間だ。しかし梅田さんの未来観や岡本太郎さんの認識は、僕らのように食に関わっている者の近視眼的な見方とは違い、より遠くを見渡しているのかもしれない。そのような立場で食の未来を考えたとき、自給とか国産とかを金科玉条金太郎飴のように唱えるのは、どんなもんだろう。

f:id:buon-noson:20070629012440j:image:left

 さて画伯の世界認識は縄文文化からの啓示をも享受し、そこから芸術が“バクハツ”した。世界的雰囲気の中で日本のプリミティブを見出していったのである。モダンまたはコンテンポラリーなリベラルを軸に、氏はプレモダンを武器にして再度モダンと戦い、ポストモダンを創り出したともいえる。

 自給自足以上世界中未満(宇宙食をのぞく)。そのどこらへんに、食べものの境界線があるのだろうか?仮に狭義の国産主義、自給論議をプレモダンと捉えるなら、食におけるポストモダンとは、どんな世界なのだろうか?

今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社文庫)

今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社文庫)

スポンサーサイト
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

育種と農法…岩崎政利さん

岩崎さんのお話6回目……

■固定種は生命力が強い

 …農法を含めた固定種の生かし方

 それは、こういう伝統的にその地方で受け継がれている在来種、固定種というのは、非常に、生命力が強いということ。それに比べて、今のF1種というのは、見栄えもよくて、大きくて、ある程度の耐病性、といいますか、病気にも強くて非常に作りやすいことも事実ですが、生命力に関しては、非常に在来種が強いのもわかってきました。ですから、こういう在来種、固定種の生命力を生かしていけば、これからの有機農業をするなかで、堆肥、有機物を減らせる、有機資材を少なくしておいしいものを作っていく、そういう農法に向いている。要するに、そういう種が、これからの有機農法、自然農法に向いた種であると確信しまして、あ、これはやはりすごいことだな、と感心しまして、今そういう農法を含めたその生かし方について、これからの関心が自分としては、生かせる素材であると感じています。

 その生命力として、究極は土と、太陽と水と人、そういう中でものができる、そういう時代がひょっとしたらこの種を育成することによって花になっていくんではないかと、そういう夢、ロマンが目標に生まれてきまして、種の運動はこれからの新しい農業の中では、避けて通れない運動であるという感じがします。

■農民にしかできない育種

 それからその、自家採種をしていく中で、今まで種というのを雑に考えておりまして、種をたくさん取りたい、ということでわざわざ種を取る畑に堆肥をやったり有機物をやったりしていたわけですけれども、そういう時に限ってですね、あとでアブラムシが発生したり、たくさんの害虫が発生したり、また虫が食べてしまったりですね、種が実らない、強風で吹き飛ばされてしまったりですね、要するに、種というのは、かわいがればかわいがるほど、変なふうに、人間で言えばどういうんですかね、かわいがると能力を発揮しない、ということが私なりにわかってきまして、種子はすばらしい育土で種をとろう、それはまた農民にしかできない贅沢な種取りだと。ですから今は、ほとんど有機物のない、肥料をほどこしていない小さな畑とか、あるいは空き地であれば荒れ畑とか、あるいはその川の中の土手に母本を植えたりして、肥料っけのない厳しい条件のなかで種取りをしてきましたら、非常に採種量は少なくなってきていますが、発芽力も高まってきてる。種の保存力も高いということで、すばらしい育土で採種しなければならない、と感じています。ですから、ひょっとしたらもっとミネラル問題とかもっと考えていけば、農家にしかできない、農民にしかできないぜいたくな、すばらしい育種ができるのではないかと感じがします。

■こぼれ種の話

それによくその、種は母本からずっと選抜をしてきたんですけれども、その、こぼれ種、ということに非常に関心が出てきまして、1回自分の畑で野菜をとると、種がこぼれて次の年に発芽して、そこで地種として生えてくるわけですけれども。こぼれ種でその畑に育った野菜というのは非常に育ちがよくて、自分で蒔けばよく育たない瓜が、こぼれ種だとよく育つという、あ、これはすごいことかな、とこぼれ種に非常に関心がありまして、こぼれ種による自家採種をたくさんすすめてきました。

 作りにくかった出雲系のマクワ瓜が、こぼれ種によって生命力が強くなって作りやすくなってきましたし、むしろこぼれ種の方が作りやすい野菜がありますね、***なんかはそうですね。だいたいこまった時には昨年作った畑のこぼれ種で発芽した***を使って、こぼれ種で育った野菜は非常に生命力が強くて、関心が出てきました。昨年青首大根が育った畑にこぼれ種で育った大根がですね、ものすごく生命力をつけて生えてきまして、それも種を取っていっしょに混ぜたりしてたんですが、そういうこぼれ種による自家採種、もっと厳密にいえば私たち自家採種している野菜を野や山に種を返して、そこで数年繰り返し、世代を繰り返して、それをまた選抜をしなおして畑に返すという、そういうこぼれ種による自家採種、育種の仕方を私たち農民がひとりでも身につけていけば、すごい種のネットワークに広がっていくかなという感じがします。これは種苗会社がなかなかできない、農家の対応の仕方かな、という感じがします。

つくる、たべる、昔野菜 (とんぼの本)

つくる、たべる、昔野菜 (とんぼの本)

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

食べものの境界線

 やはり来た。2日前僕は“食べ物の境界線”という題を書こうと考えていて、それを紐解こうと、まずスローフード協会会長の『スローフードバイブル』を少し読み直し、次に自家採種の有機栽培農家、長崎に住む岩崎政利さんの話していたことを整理しようとしていた。ところが2003年に自分がまとめた岩崎さんの語録が思いのほかすばらしく、僕の別blog“walk around”に再録する方に力が入ってしまい、時間切れ、もう寝ようというときに、梅田さんのblogを眺めたところだった。以下梅田さんblogから引用……

海外に住んでいても「情報についてはネット」「食材などのリアルな物についてはグローバル物流」のこの十年の異常なまでの発展によって、「海外に住む」ことの敷居がおそろしく低くなっていることを感じた。

 やはり来た、というのは極めて自分の世界の勝手な解釈に過ぎないのだが、食の世界を考えようとしている身には食べ物の境界がどこまで広がるのか(自給自足以上世界中以下の範囲。宇宙食をのぞく)というテーマの琴線に触れてしまったのだ。食材などのリアルな物についてはグローバル物流。すごく醒めた、どきっとさせられる言葉だった。

 考えるに、まず“旅”というキーワードから深めるアプローチとして、スローフードバイブルでカルロペトリーニ会長の提起、

旅をしなければならないのは、人か食材か?

があった。

 次に岩崎さんが野菜の種について、それらがもたらされた遠い国に思いを馳せる観点があり、そのうえで僕は、旅もタイムスパンでその意味が大きく違ってくるものだぞとの論をたて、援用として宮崎正勝さんの『食の世界史』で語られている食の四大革命に話を進めようとした。さらには梅田さんの展開するwebのグローバルな認識世界の拡大という事実や、WTO、FTAなどが象徴する標準化の力学をぶち当て、最終的には旧態依然とした自給論、国産崇拝そのものが陳腐化するのかしないのかを考えようとした。

 ここらへんまで来ると、こうした状況にフィットする、食を表現する言葉そのものを開発しないといけないなぁと限界を感じつつ、しかしきっと言葉を失ってしまっては、食なんて食べられればいいとその深さ身体性そのものから遠ざかるかしかなくなってしまうと思うので、なんとかしたい。が、もう眠いので次の機会に。それにしても「リアルな物についてはグローバル物流」か。

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

種の旅…岩崎政利さん

岩崎政利さんのお話は続く……

■外国の種が根付くこと

 そういうふうに種というのを考えるときに、種そのもののすごさ、アブラナ科の種って、ものすごく小さいんですよね。その中でカブなんかもっと小さい、そんな小さい種がですよ、自らの一生の中の全てのものを含ませてるっていう、あの小さな種のなかにたくさんの情報がつまっているという。ですから、私は種に予知能力とかすばらしい力があるという、それは農家によって変えられると、今までの自分の実感から感じています。

 それはたくさんの外国の種が私のところに試作を依頼されてきていますけれども、そんな種というのが、もらった年はほとんど生育をせずに、やめたり、というまさにその力を発揮しない。ですから中国の方とも種苗交換をしてたくさんの種をいただいたんですけれども、種苗部会にいただいて、たくさんの農家が試作をしたんですけれども、結果的に、試作したけどもほとんどの野菜の特徴が出ないまま、やめてしまった、ということがありました。しかし私はもう一回自分で種をとってみよう、ということで、もう一回次の年種を蒔いたんですけれども、

 ところがですよ、中国からきたときにはまともな生育をしなかった野菜が、次の年に自分の畑で花を咲かせて種をとっていくと、今度は見違えるように姿を変えてくる。そのことに、やはり種というのはそういう情報、風土、そういうものをですね、情報的に詰める能力があるから、そのことが自家採種のなかで非常に大切なこと、繰り返しその地域で種を取り続けていく、その大切さをですね、外国の種を依頼されるたびに試作するたびに感じているわけであります。

■種の旅も大切に

 この中にも、外国からやってきたものがたくさんあるわけですよね。白菜にしても、中国チンゲンにしても、あるいはターサイにしても、たくさんの種が外国から来てるんですけれども、非常に生命力が強くて有機農業に向いているということで、私は外国の種であっても、有機農業に向いていれば残すようにしています。日本にない、というものも逆にいかされる、ということで大切に守っているんですけれども。ぜひ日本の種だけでなく、門戸を広げて、遺伝子を守るためにこれからもいろんなものを試作していきたいなあと感じています。

■種を旅に出そう

 やはりその、種を旅に出そう、ということで訴えてきているわけですけれども、やはりその、かわいい自分の子のように旅に出そう、荒地とか、山の、人の手を加えていない荒地とかに簿本を植えて、花を咲かせてその力をたくわえさせて、自分の畑に返していくという、そういう種取りは、まさに農民にしかできない、贅沢な最高の種取りができるのではないかと感じています。

 そしてそういうふうにその、種とはまさに門外不出の大切なものでありますけれども、私は門外不出の種であってもなるべく人にあげるようにしているんですよね。種というのは、人類みなの共有物ではないかと、たくさんの人に守られていくものではないかと、そんな気がします。どんなその地域にはすばらしいものであっても、風土と人が変われば、同じものはできないはずですから、あまりかたくなに自分のものとして守っていくのもどうかなと、なるべくたくさんの人に私はあげるように、そして皆で守っていくということでやっています。

■風土にあった種を育てる

 それからその、野菜は風土で姿を変える、と私は思っているんですけれども、3年前に三重県の愛農学園高校で関西の有機農業生産者が自家採種の勉強会をしたいということで、私の種を愛農学園に預けて、愛農学園の生徒が先に種を蒔いて、自家採種の勉強会の時に収穫できるように栽培してたんですけれども、さすがに長崎と違って三重の愛農学園は寒いなあと、寒さにこごえながら学習会をしたんですけれども、

 ところが同じ種がですね、たった1年でですね、1年もせんうちに、私の長崎で育ってる姿と、愛農学園の農園で育ってる姿がたった一作で違ってきてるんですよね。

 たとえば、青首大根の、これは自家採取で育てた大根ですけれども、この肩がそんなにないんですけれどもこれが一作でもう三浦大根のように肩がなくなって、寒さに耐えようとする姿を見たときにびっくりしまして、わあ、これはすごい植物の本能だな、と。ちゃんと野菜というのはその風土に合おうとしている。野菜は風土で姿を変えようとしている、それがその種のすごさ、大切なところ。

 ですから、いかにその農家がその風土にあったものを育てるには、種を育てなければとその風土にあったものはできない、その風土にあった種で育てるからこそ、風土にあったおいしいものができることが判明しまして。

 私の畑ではできの悪い天王寺カブとか、三浦とか、畑菜とか、私の畑ではだめだったものが、すばらしい姿に、あ、これはこの地のものだから、この地に向いていたんだな、と。そういうから種というのは風土で形を変えるし、また種を増やしています。それを知ったときに、また種のすごさ、大切さを感じました。

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

門外不出の種…岩崎政利さん

■門外不出の種

 私のところに京都で伝統野菜を作っている方からいただいた壬生菜と畑菜があります。その当時私はタキイ種苗の壬生菜と畑菜をつくってたんですが、それがもう本当に揃いが悪くて、彼がたまりかねて「岩崎さん、これだめだよ、そんな壬生菜畑菜、どうもならん、私の家の門外不出の種をあげる」ということで、さりげなく私にその壬生菜と畑菜の種をくださったんです。

 その種がですね、やっぱり作ってすごい、これこそ農民が心をこめた自家採種、育成した野菜であるとますます感動を受けて、私は非常に大切に守ってきたわけです。

 ところが昨年、彼が畑菜をもうやめたと聞いたんです。私はショックは受けなかったですね。しめた、と思ったですね。これは、長沢さんの先祖伝来の種をいただいて、長沢さんやめたときいて、あ、これは私のところにしか残っていない、と。半分しめたと思って。こういうことは喜んでいいのかどうか知らんですけどね。

 こういう大切なものを彼は一生懸命守ってきたんですけれども、今のスーパーには受け入れられないという問題がありました。非常に黄ばみが激しくて、遠距離的な流通には向かない。しかしこれは食べて非常においしい、特に寒さが厳しくなってくると葉があつくなって非常においしい。小松菜と比べても非常に柔らかくて甘みがあっておいしい。寒くなるほどおいしい、というものだったんです。私は売り方を考えれば、近場の農家だったら、こういう伝統的な野菜は残っていけるかな、という感じはしています。

■自家採種の本当の目的

 こういうふうに種とつきあって、10年近くなるんですけれども、それぐらい長くつきあってくると、野菜の種というより、こう、自分の家族、自分の子ども、自分の分身であるという気持ちになってきますね。

 あるとき京都の伝統的な野菜の仕組みを知りたいということで京都で学習会を開いたんですけれども、そこへ、長年自家採種をしている樋口さんという方に講演を依頼して、私も彼の話を聞いて感動した面がありました。私と一緒で、農家だし、そんなに話は上手ではなかったんですが、彼が種の話をする瞬間に彼の目から涙がポロポロとね、話をしながら涙ぐんでおられた。自分で自家採種した種の話になるともう、涙がポロポロ、話をしながら涙が出る。

 これはなんなのか、ただそれは樋口さんは先祖伝来、家に受け継いでくる種を思うことによって、その種を守ってきた父、あるいは先祖の方、その方をたぶん思い出されたと思うんですね。その種がその農家にとって宝ものであるという、まさにそれは門外不出の種であるという……。

 ですから、京都の門外不出の種が一般的に出回っていかないという、まさにそれがよくわかりました。そんな種が世の中に簡単に出回るはずがない、だから私も本当は欲しいけれどもいただけないという、そんな大切なものをおいそれと分けてくださいとは言えなくなってしまって……。

 自家採種の本当の目的はそこにあると、農民にとってすごい心の問題であり、非常にその、農業として楽しい部分が、たくさんあるような気がしているし、種取りには農民の特別な、大切な思いがあるんだと思うのです。

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
*calendar*
05 | 2007/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
*diary*
*hatake*
1月11日
* hatakealbum *
*tag * search*

> tags
柚子 自給 吉田比登志 美麻村 釜炒り ヨーロッパ 柏木圭 美麻遊学舎 山口マオ 自家採種 在来種 野口勲 高見乾司 宮崎 九州 仮面 ターンムファーム 菓歩菓歩 山名 ガイア 石垣 近藤卓 アリシアベイローレル 宇野俊介 高遠 rulaの会 雲南 黒潮文化圏 かんころ餅 賛美歌 草加家 上五島 トマト 船本繁男 アサクラオイル オルチョサンニータ 中華街 悟空茶荘 ファイトレメディエーション 前沢りか エンドウマメ 七草 アサクラパスタ パスタ 焼きたらこ 朝倉オイル voiero 寺田本家 むすひ 日本酒 アサクサノリ 大木代吉 福島 ハルジオン 雑草 豆鼓 甜面醤 玲舫 麻婆豆腐 中華のツボ 炸醤 山里紀行 エーゲ海 プラトモナス 内山節 Voiello たらこ レメディエーション 菜の花 ラッキードラゴン ベン・シャーン 南西諸島 岡本一宣 Skyward 機内誌 松本俊介 立てる像 美大 原発 中華 酢豚 河野和義 八木澤商店 古式梃子絞り醤油 ナナオサカキ 急須 藤野 菜花 道の駅 干し大根 高菜 小松菜 焼酎 木城 黒木本店 高鍋 尾鈴山 山ねこ 烏龍茶 静岡 梅が島 依田健太郎 ヨダケン 山葵 市民農園 ラグー カムット小麦 サバ缶 デチェコ じゃこ フェデリーニ スープパスタ わかめ 飯尾醸造 立花隆 プリンシプル 浅草 鏡商店 やげん堀 唐辛子 七味 蕎麦座 和知 r丹波 蕎麦 有機農業 富良野 布施芳秋 八列とうきび うどん 京都 立ち食い にんじん 小泉正浩 石井十次 タラ さつま揚げ ブロッコリー スローフード ブラ ピエモンテ イタリア 大山菜 大山菜漬 伊勢原 かぐら辛っ子 八海山 新潟 神楽南蛮 魚沼 辻嘉一 甘露煮 チャーハン オイスターソース ハクサイ タンポポ ニホンホウレンソウ 朝露 モロヘイた 松野下蒲鉾 長吉屋 つけ揚げ 枕崎 山脇義秋 山脇紀子 山脇農園 青柳 國友 イノシシ 釜炒り茶 泉村 川辺 森の学校 鹿児島 タラモ タラコ じゃがいも 熊本 とうがらし 唐からし粉 赤湯温泉 ラーメン 火の国 阿里山 高山茶 奥田政行 白菜 カレー お茶 風蘭香 國友昭香 祝島 20年問題 アブラナ科 かもめ 三陸 宮古 うかたま 弁当 落花生 モロヘイヤ いしる 煮こごり ほうれんそう マルチ オクラ 佐伯 四万十 仁淀 高知 棚田 ひょうたん 朝市 大磯 漁協 ネンブツダイ 福岡 星野 黒木 サコダデザイン 十和錦 迫田司 香り米 ヒノヒカリ 國友農園 むらからまちから館 まるごと高知 出雲 米子 アミノ酸 生七味 賞味期限 カレイドスコープ オラ トマティーヨ 地域デザイン 三鷹 妖怪 水木しげる ワイナリー 木次 食の杜 奥出雲 島根 藁葺き 松江 にんにく ヌルポン おろちの爪 大社 釣り 田んぼ 稲佐 民宿 ブラウンスイス 日登牧場 大山 自家製 どぶろく 宍道湖 山尾三省 花豆 倉渕 和田裕之 バジル 麻布十番 放牧豚 群馬 榛名 清水雅祥 サルサ 三省 peppers.jp とんがらし 麻布十番納涼祭り りぐり山茶 上越国境 シロノワール 燃える火 お釜 石垣りん 渡邊玲 平田牧場 沖縄 口噛み酒 奄美 ミキ お粥 リゾット 干しシメジ 梅干 オリーブオイル ジャングル 家族 懐石 明治 料理 輪郭 選択肢 ニンニク 吉田ふるさと村 ヌルボン トウガラシ オロチの爪 別所蒲鉾店 竹並一人 お米 ふなくぼ商店 おむすび 船久保正明 ごはん 尾形修一郎 牛渡川 中山桜 遊佐 山形 ペトリーニ 食のクオリア 富士酢 寿司飯 ちらしずし 梅雨 油粕 神門 善久 アルチェ・ネロ ジロロモーニ 寿司 タバスコ スコヴィル ハンガリー インド パプリカ 波多野公介 スパ ダルマイカ 市場 味覚 クオリア おいしい 竜馬 土佐 茂木健一郎 山茶 四国 いの町 森は海の恋人 牡蠣 畠山重篤 宮城 水山養殖場 気仙沼 ざる 井上さん 畑俊八 仁淀川 干し筍 四万十川 うなぎ かわせみ 梼原 窪川 ひえり 未証明米 だだちゃ豆 佐世保 高木龍男 サツマイモ 嬉野 佐賀 大茶樹 五島列島 九十九島 自衛隊 魚市場 ハンバーガー海軍 村上龍 戸石フレッシュ朝市 雑魚 長崎 母ちゃん 戸尾 柚子胡椒 ナス 定食 もったいない アクトフォー ティア カサゴ 梅棹忠夫 中尾佐助 市川健夫 青葉高 石毛直道 白土三平 遠藤ケイ 森枝卓士 佐々木高明 池部誠 安心院 テロワール ジャコモモヨーリ ワイン シャケトラ 秩父 野口種苗研究所 飯能 山奥 落合務 レシピ ラ・ベットラ 料理通信 天然 鯛飯 押し寿司 土井勝 神奈川 いわし 包丁 カルパッチョ 盛田屋 燻製 イワシ 胡椒 出刃 アーチャン べこなん ベーコン 近藤醤油 田中屋 熊野 黒潮 那智勝浦 照葉樹林 マグロ マンボウ 鈴木和弘 隠岐 いわがき生産協業組合 岩牡蠣 出雲大社 海士 カルディ 松浦商店 倉田浩伸 カンボジア 熊野鼓動 星川淳 ワタリガラス ブータン 横瀬恒人 本宮 星野道夫 ヤタガラス 西伊豆 愛媛 醤油 田中一生 岩海苔 堆肥 塚本忠紹 静岡有機茶農家の会 深蒸し 藤枝 自園 横浜 有機 白干し梅 床漬け マルサ 田辺 ひじき 南高梅 くじらコロ ちかつゆ 紀州 蒲鉾 埼玉 大豆工房みや 金子美登 味輝 松田マヨネーズ 霧里農場 野口種苗 世界遺産 勝浦 玉蘭 発酵 天野茂 小柳三義 椎葉 原了郭 黒七味 祇園 大阪 国産小麦 天然酵母 世界パン ホシノ 新田九州男 グレープフルーツ 国産 右田秀利 らでぃっしゅ 小祝政明 柑橘 Radixの会 中嶋祐一 園芸 やきしお サラダ かき揚げ オニポテ 海の精 ラベットラ カルボナーラ 平飼い卵 無茶々園 パンチェッタ 岩地 礒もん カサガイ 手漕ぎボート 唐揚 メジナ コメダ珈琲店 昭和 ナゴヤ ホットドッグ 名古屋 喫茶店 菜心 ラー油 人形町 花椒 岩ノリ 寒天 心太 テングサ 高橋商店 ゆずすこ 柳川 生姜 紫蘇 山椒 八幡屋礒五郎 七味屋 長野 庄内 アルケッチァーノ 島村菜津 在来 鳥海山 岐阜 向笠千恵子 青海苔 伝統野菜 飛騨 飛騨山椒 七味家本舗 秋山郷 善光寺 戸隠 山菜 辛味大根 あざみ 陳皮 胡麻 野沢菜 おやき さみず 三水 ごま ちりめん 泡盛 味噌汁 堤防 ワカメ 食べるラー油 上尾


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。