oilogo1.gif

   新しいホームページができました!


*work*
らでぃ~!
2008年に発行された幻の冊子。テーマは「南のムラ」そして「水を巡る旅」。
記事はこちら




食のたからもの再発見
東京財団2009年度政策提言プロジェクト全25編。今の時代に残る各地の食の「記憶」をまとめた貴重な記録。「釜炒り茶」「木曽赤かぶ」を担当。各方面で活躍中の執筆陣に叱咤され貴重な経験させてもらった。椎葉村、九州のお茶は忘れられません






味の箱舟/ark of taste
2007年、スローフード協会のプロジェクトに協力。現在22品目が国際認定を受けた、日本の「味の箱舟」品目のうち13品目の認定を手伝った。認定品目(英語)はこちら




ここきち!
知人のMさんがやってる農家レストランポータルサイト。



国友農園
高知県いの町、山奥の実生自生のお茶を再生させた釜炒り茶。自然とともにあるお茶の原風景が広がって



熊野鼓動!
がんばってほしい友達がいるところ。



お米のふなくぼ
お米のこと、ごはんのことを大切に考えるお米屋さん




森の空想ミュージアム
宮崎県西都市。児湯郡木城町茶臼原のすぐそばで、祈りの空間。主宰は高見乾司さん。九州の民俗仮面博物館もある






*ナナオサカキ*
*profile*

ponchu

Author:ponchu
日本の歩き方……おいしい村はどこにある? by タケウチアマネ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上竹細工店…井上栄一さん

 入口ののれんをくぐって店に入ると、おお昔の記憶が蘇る。5年前とまったく同じレイアウト、所狭しと井上さん手作りのザルが並ぶ。そしてご本人も、同じ場所に座り、同じように竹細工のシゴトをしていた。

 久しぶりに来た。話しかけたいと思ったがこの日は土曜日で店内もけっこう込んでいて、なかなかタイミング合わなかったが、とにかく「こんにちわ、井上さんのザル、昔2枚買ってって、今も重宝してます」から会話が始まって、いろいろと聞くことができた。


 井上栄一さん。50歳前半?、高校卒業してしばらくはサラリーマンやってたが、家業が気に入っていたらしく20台後半でザル職人になったのだそうだ。シゴトは店内の作業場ひとつ。レジのヨコに胡坐をかいて、店番をしながらコツコツを竹を編んでいく仕事。運動はしないのと聞くと「いやあしないといけないんだけど、最近は忙しくてなかなか外に出られなくて」と、けっこう商売はうまくいってるのかな。

f:id:buonpaese:20070512133046j:image:leftf:id:buonpaese:20070512133719j:image:left

f:id:buonpaese:20070512134303j:image:left

 今はこの根曲竹のザル作りをシゴトとして続けている人は9人だけ。この地域、昔はどこでも賃稼ぎの冬場の仕事としてどこのうちでもザル編みをしていたことから、覚えのあるおじいちゃんたちが健在で、それでも含めて29人しかいないそうだ。それでもここのところ若手が(30代)3人いてがんばっているとのことで、手作りの良さが社会てきにも認められて始めたということだろうか。

 おにぎり入れに頃合いな籠編みの品があったので聞くと「それは根曲がりじゃないんですよね。根曲がりだといいのが作れるんだけど籠に編むのけっこう難しくてね。見てみる?」と座っている脇から同じ大きさのものを出し見せてくれた。自分用に作ったものだそうで、手間がかかりすぎて、商売用には作れないのだそうだ。手触りよし、弾力がある。裏に名前が彫ってあった。井上栄一さん。自分のうちで仕事をし、手作りの竹編みの弁当箱で弁当を食べるんだ。

 戸隠は参道に沿ってお参りの宿坊がたくさん並ぶ。栄一さんの店もその並びにある。有名な観光地だから春から秋はお客さんも多いだろう。シーズン中1日どのぐらいの売り上げになるかはわからないが、手間がかかって決して安くはない品物だから、竹細工という商売そのものが成り立つかどうか、不安もあると思う。でも栄一さんは多分、毎日淡々とザルを編む暮らしそのものを愛しているのだ。冬など客もこないだろうし、しんと静まり返った店、雪に閉ざされた山里で、ストーブのやかんの音を聞きながらシゴトをする栄一さんの姿が目に浮かんだ。

 写真を撮らせてもらった。2枚のザルを買って、また来ますねと店を出た。わかるかなぁ、写真の左2枚が今回買ったもの。後ろが5年前。色つやの違い。ご満悦です。

f:id:buonpaese:20070521223749j:image:left

 

 

 

スポンサーサイト
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

井上竹細工店…井上栄一さん

 ここが今回の旅でぜひとも訪れたいと思っていた店だ。

 井上竹細工店。戸隠の蕎麦に使うザルは特徴がある。ふつうは目が直線、スクエアに編むが、戸隠蕎麦では螺旋状に編む。最初ここを訪れたとき、店主の井上さんに聞いた話では、戸隠のザルは近隣の戸隠山など一帯に自生する根曲竹を使い、この竹が油分を多く含むと共にヒネているから、元々曲げて使うのに適していたということだ。逆に言えばマダケや孟宗竹と違いまっすぐ使うのに不向きだから、スクエアな編み方は発想されなかったのだろうと思う。

f:id:buonpaese:20070512131118j:image:left

 このザル、直径20センチほどの小さなザルが1枚2千円以上はするから決して安くはない。が、前々から旅先のみやげ物屋さんで民芸系を物色して、いつも「なんでこんなに手が込んでるのに安いのかナぁ、中国とかから仕入れてるんだろうなぁ」とがっかりさせられてきたので、最初にここに来たときは感動した覚えがある。これで思い出すのが竹竿の話だ。

「竹竿なんか子どもが100円とかで買っては使い捨ててたのに、いつの間にかグラスファイバーだのカーボンだのが流行り、竹竿のしなりの良さや風合いが再認識された頃には1本何十万円もする超高級品になっていたんだ」

 ……道具が使われる頻度に合わせて職人さんの数も多かった時代があり、その後大手の釣具メーカーが席巻、ユーザーの目移りでいつの間にか手作りの良い竿を作る職人が消えていった。残された職人さんの手になる竿は既に貴重品扱い……

 そんな普段使いの職人のいない時代に、井上さんの作る根曲竹のザルは、地元の材料と人の手になる、普段使いの道具なのだ。

f:id:buonpaese:20070512130753j:image:left

 前に買ったザルは大きいの1枚小さいの1枚。ウチはよくザルを使うので、安物のザルも持っているが、差が歴然としている。他は永年の使用で樹脂が洗い落とされ晒されてカサカサな感じ。スクエアな編みが生み出す平滑な表面は無難だが味気がない。井上さんのザルは最初ささくれ立ち、うねるような編み方がどうしても表面をデコボコにするから不細工だと思ったが、今では使い込まれてケバも取れ、表面はアメ色に光沢し、そのデコボコな形にも風格が感じられるようになった。

 喜喜として店に入ると、昔と同じ場所に陣取って、ザルを編む井上さんがいた。

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

ゆたかや

 ここも前に入った店。タクシーの運転手さんに、おいしいお店知ってますかと聞いて入った覚えがある。俺たちいつもここで食べてるけどねぇ、とこのテはご存知セオリーで、アタリが多いというが、ゆたかやさんもアタリだった。で今回も入った。

 表通りからちょと離れたなんの変哲もない店。飾り気なし。僕の性格かそんな店が好き。注文は“ざるそば”。f:id:buonpaese:20070512124846j:image:leftこの店の雰囲気は、民宿? それっぽくしようとしているのだけど、造りが木造モルタルでムリが出る、囲炉裏ふうの個室を仕立てるのになぜかテレビを置いてしまう。うまい蕎麦だしてるんだけど、箸がチープ……。さっき入った“そばの実”さんとはだいぶ違ってしまうのだ。でもうまい。付け合せのタクアンなど、タクアンを鰹節のだし汁で煮含めた、ほっこりした逸品だった。これ地元の普段使いの料理と思うが、ゆたかやさんらしくていい。

f:id:buonpaese:20070512125244j:image:left

 戸隠の蕎麦は、盛り方も特徴。一口分の量ずつ蕎麦を盛るのだ。この指定された一口分をしっかりはずさぬよう箸で取り、つゆにつけていただく。はずすと、ざるに残った形かカッコ悪い(と思う)。きちっと掴めると、嬉しい。ちょうどいい量。肝心の蕎麦も、はごたえ良くしゃっきりツルっとしていてよかった。f:id:buonpaese:20070512124221j:image:left

 大衆戸隠蕎麦、ゆたかや。食べる他は特に用もないのでさっさと食べて、蕎麦湯をいただき、ごちそうさんと暖簾をくぐり外に出る。このリズム感もよい。ごちそうさまでした。

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

そばの実

 翌日はシゴトも早々に切り上げ、昨日にも増して爽やかな道を長野駅に向け一直線、なはずもなく、やや迂回し、意気揚々と飯綱黒姫を抜け戸隠へと向かう。心当たりのお店に行くのだ。この日は何も予定がないので、通り道で蕎麦屋3軒は入ろうと、まず1軒目がそばの実さん。f:id:buonpaese:20070512121918j:image:left

 ここはガイドブックにも多く紹介され、戸隠観光の通り道だけあって、まだ11時半だというに混んでいた。店の構えは重厚民家ふう、店員もみんな若い女の子、茜色ストライプの絣でコーディネイトの民芸ふう、80席ほどの手ごろな広さ外の庭に向け大きな窓が切り取られて重たい梁と明るくバランスしてる。ちょっとした角々に地元アーティストと思われる焼き物コーナーや、ちょとハイセンスなマガジンラックもさりげなし。これならお客さんも満足するだろう、おしゃれだね~

f:id:buonpaese:20070512121804j:image:right

 昔も来た店だ。入る。

 ファミレスのように順番待ちノートに記入させられるがすぐ案内された。一人だとこの点楽だ。昔はもっとすいていたような気がしたので思い出とのギャップ。もっと上品だったな。が、文句は言えまい繁盛はいいこと。

 お品書きには「霧下のそば切り」とか「十割そば」とかがあり、限定15食とか書いてありそそられたが、年配のここの女主人と思しき、これも上品な仲居さん(?)に、いちばん安い“ざるそば”を、上品に注文。僕のポリシー。当たり前に出てくる蕎麦の水準に感動したい。f:id:buonpaese:20070512122742j:image:leftまわりは家族連れ多し。お隣はおじいちゃんと娘と赤ん坊3人組で、ちょとボケ気味のおじいが「こんなん足らんワ」と娘に関西弁でボヤき、娘「こうしうもんなんよ」とこれは岡山弁ふう、人目はばかり小さな声。微笑まし。ここはお上品がウリの店なのだ。注文と共に今度は女の子が「……でございますぅ」と箸休めの蕎麦茶&蕎麦かりんとを置いていく。おもてなしスタイルなわけだ。

f:id:buonpaese:20070512122324j:image:left

 蕎麦がやってきた。

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

信濃町ふじさと

 やっとだ。この2、3年、蕎麦に縁がうすく、今回さみずに来たので、行き帰りに3件まわることができた。蕎麦は何と言っても信州。それも県北がうまい。この地域の蕎麦を知り惚れ込んだのは、かれこれ10年も前だろうか、豪雪地帯で有名な秋山郷を訪れた頃。山里にはまっていた頃で、美麻、鬼無里、小川、栄(秋山郷がある)と何度も通った。食べ物はおやき、山菜、きのこ、蕎麦。立ち寄った先で人に出会い、話を聞き、酒を飲み、僕の「おいしい村」の原点もこの時期に辿ることができそうだ。

f:id:buonpaese:20070511132857j:image:left僕にとり蕎麦の聖地。犬も歩けばうまい蕎麦にぶち当たるといってもいい。長野市から北のこの地域はそばがうまい。だから、長野から新潟にむかう国道、車を走らせながら「そば屋に飛び込みた~い」とキョロつかせつつ進んだ。ところがこの日の目的地、さみず村まで来ても行き当たらず。で右折すべきところをパスし走らせ出会ったのが“手打ち蕎麦ふじさと”。

 店構えも雰囲気も、東京でなら敬遠まちがいなしの、とってもフツーなお店。変哲なし、国道沿いの店。軽トラとタンポポが似合う。でもここらの蕎麦への信頼は絶大で、にっこり微笑みつつ、心を浮き立たせつつ、のれんをくぐった。「天ザル大盛り」。慣れたふうを装い、しかし静かに興奮して待つこと10分。「お待たせぇ」と店のおばちゃん、愛想なし。店の造りからおばちゃんまで、ここでは手打ち蕎麦なんて普段着の当たり前の。午前11時。客の影もなしだが、店内のすっからかんさ加減は外の天気の晴れやかさと相俟って颯爽、夏の木陰の風情。f:id:buonpaese:20070511131806j:image:rightさあ食べよう、と写真撮るのも忘れ箸をつけた自分に気付き、整っていた蕎麦の並びをちょっと乱しつつパチリ。

うま~~~~~~~~い………………

 

 着飾らず、器も何もかもが安普請。でもうまい。ニ八と思うコシ、しゃっきりひんやりの食感。つゆは返しがやや甘だが、薬味の地ねきの細い刻みとぬめりもい~な~。たいしたタネでもない天ぷらも、この土地でよく出されるシシウドが入ってる。あ、久しぶりに来たんだなとの実感が沸いた。今僕は信州にいるんだと。とくにこだわったでもなさそうなタクアンをカリッ、も何故だうまい。

 普段のふつうの食にうまい蕎麦が当たり前にあるところ。蕎麦の打ち方食べ方もふつうにレベルが高いところ。そんな場所が今もあるのがうれしい。つるつる、ぺろっ。ごちそうさ~ん。

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
*calendar*
04 | 2007/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*diary*
*hatake*
1月11日
* hatakealbum *
*tag * search*

> tags
柚子 自給 吉田比登志 美麻村 釜炒り ヨーロッパ 柏木圭 美麻遊学舎 山口マオ 自家採種 在来種 野口勲 高見乾司 宮崎 九州 仮面 ターンムファーム 菓歩菓歩 山名 ガイア 石垣 近藤卓 アリシアベイローレル 宇野俊介 高遠 rulaの会 雲南 黒潮文化圏 かんころ餅 賛美歌 草加家 上五島 トマト 船本繁男 アサクラオイル オルチョサンニータ 中華街 悟空茶荘 ファイトレメディエーション 前沢りか エンドウマメ 七草 アサクラパスタ パスタ 焼きたらこ 朝倉オイル voiero 寺田本家 むすひ 日本酒 アサクサノリ 大木代吉 福島 ハルジオン 雑草 豆鼓 甜面醤 玲舫 麻婆豆腐 中華のツボ 炸醤 山里紀行 エーゲ海 プラトモナス 内山節 Voiello たらこ レメディエーション 菜の花 ラッキードラゴン ベン・シャーン 南西諸島 岡本一宣 Skyward 機内誌 松本俊介 立てる像 美大 原発 中華 酢豚 河野和義 八木澤商店 古式梃子絞り醤油 ナナオサカキ 急須 藤野 菜花 道の駅 干し大根 高菜 小松菜 焼酎 木城 黒木本店 高鍋 尾鈴山 山ねこ 烏龍茶 静岡 梅が島 依田健太郎 ヨダケン 山葵 市民農園 ラグー カムット小麦 サバ缶 デチェコ じゃこ フェデリーニ スープパスタ わかめ 飯尾醸造 立花隆 プリンシプル 浅草 鏡商店 やげん堀 唐辛子 七味 蕎麦座 和知 r丹波 蕎麦 有機農業 富良野 布施芳秋 八列とうきび うどん 京都 立ち食い にんじん 小泉正浩 石井十次 タラ さつま揚げ ブロッコリー スローフード ブラ ピエモンテ イタリア 大山菜 大山菜漬 伊勢原 かぐら辛っ子 八海山 新潟 神楽南蛮 魚沼 辻嘉一 甘露煮 チャーハン オイスターソース ハクサイ タンポポ ニホンホウレンソウ 朝露 モロヘイた 松野下蒲鉾 長吉屋 つけ揚げ 枕崎 山脇義秋 山脇紀子 山脇農園 青柳 國友 イノシシ 釜炒り茶 泉村 川辺 森の学校 鹿児島 タラモ タラコ じゃがいも 熊本 とうがらし 唐からし粉 赤湯温泉 ラーメン 火の国 阿里山 高山茶 奥田政行 白菜 カレー お茶 風蘭香 國友昭香 祝島 20年問題 アブラナ科 かもめ 三陸 宮古 うかたま 弁当 落花生 モロヘイヤ いしる 煮こごり ほうれんそう マルチ オクラ 佐伯 四万十 仁淀 高知 棚田 ひょうたん 朝市 大磯 漁協 ネンブツダイ 福岡 星野 黒木 サコダデザイン 十和錦 迫田司 香り米 ヒノヒカリ 國友農園 むらからまちから館 まるごと高知 出雲 米子 アミノ酸 生七味 賞味期限 カレイドスコープ オラ トマティーヨ 地域デザイン 三鷹 妖怪 水木しげる ワイナリー 木次 食の杜 奥出雲 島根 藁葺き 松江 にんにく ヌルポン おろちの爪 大社 釣り 田んぼ 稲佐 民宿 ブラウンスイス 日登牧場 大山 自家製 どぶろく 宍道湖 山尾三省 花豆 倉渕 和田裕之 バジル 麻布十番 放牧豚 群馬 榛名 清水雅祥 サルサ 三省 peppers.jp とんがらし 麻布十番納涼祭り りぐり山茶 上越国境 シロノワール 燃える火 お釜 石垣りん 渡邊玲 平田牧場 沖縄 口噛み酒 奄美 ミキ お粥 リゾット 干しシメジ 梅干 オリーブオイル ジャングル 家族 懐石 明治 料理 輪郭 選択肢 ニンニク 吉田ふるさと村 ヌルボン トウガラシ オロチの爪 別所蒲鉾店 竹並一人 お米 ふなくぼ商店 おむすび 船久保正明 ごはん 尾形修一郎 牛渡川 中山桜 遊佐 山形 ペトリーニ 食のクオリア 富士酢 寿司飯 ちらしずし 梅雨 油粕 神門 善久 アルチェ・ネロ ジロロモーニ 寿司 タバスコ スコヴィル ハンガリー インド パプリカ 波多野公介 スパ ダルマイカ 市場 味覚 クオリア おいしい 竜馬 土佐 茂木健一郎 山茶 四国 いの町 森は海の恋人 牡蠣 畠山重篤 宮城 水山養殖場 気仙沼 ざる 井上さん 畑俊八 仁淀川 干し筍 四万十川 うなぎ かわせみ 梼原 窪川 ひえり 未証明米 だだちゃ豆 佐世保 高木龍男 サツマイモ 嬉野 佐賀 大茶樹 五島列島 九十九島 自衛隊 魚市場 ハンバーガー海軍 村上龍 戸石フレッシュ朝市 雑魚 長崎 母ちゃん 戸尾 柚子胡椒 ナス 定食 もったいない アクトフォー ティア カサゴ 梅棹忠夫 中尾佐助 市川健夫 青葉高 石毛直道 白土三平 遠藤ケイ 森枝卓士 佐々木高明 池部誠 安心院 テロワール ジャコモモヨーリ ワイン シャケトラ 秩父 野口種苗研究所 飯能 山奥 落合務 レシピ ラ・ベットラ 料理通信 天然 鯛飯 押し寿司 土井勝 神奈川 いわし 包丁 カルパッチョ 盛田屋 燻製 イワシ 胡椒 出刃 アーチャン べこなん ベーコン 近藤醤油 田中屋 熊野 黒潮 那智勝浦 照葉樹林 マグロ マンボウ 鈴木和弘 隠岐 いわがき生産協業組合 岩牡蠣 出雲大社 海士 カルディ 松浦商店 倉田浩伸 カンボジア 熊野鼓動 星川淳 ワタリガラス ブータン 横瀬恒人 本宮 星野道夫 ヤタガラス 西伊豆 愛媛 醤油 田中一生 岩海苔 堆肥 塚本忠紹 静岡有機茶農家の会 深蒸し 藤枝 自園 横浜 有機 白干し梅 床漬け マルサ 田辺 ひじき 南高梅 くじらコロ ちかつゆ 紀州 蒲鉾 埼玉 大豆工房みや 金子美登 味輝 松田マヨネーズ 霧里農場 野口種苗 世界遺産 勝浦 玉蘭 発酵 天野茂 小柳三義 椎葉 原了郭 黒七味 祇園 大阪 国産小麦 天然酵母 世界パン ホシノ 新田九州男 グレープフルーツ 国産 右田秀利 らでぃっしゅ 小祝政明 柑橘 Radixの会 中嶋祐一 園芸 やきしお サラダ かき揚げ オニポテ 海の精 ラベットラ カルボナーラ 平飼い卵 無茶々園 パンチェッタ 岩地 礒もん カサガイ 手漕ぎボート 唐揚 メジナ コメダ珈琲店 昭和 ナゴヤ ホットドッグ 名古屋 喫茶店 菜心 ラー油 人形町 花椒 岩ノリ 寒天 心太 テングサ 高橋商店 ゆずすこ 柳川 生姜 紫蘇 山椒 八幡屋礒五郎 七味屋 長野 庄内 アルケッチァーノ 島村菜津 在来 鳥海山 岐阜 向笠千恵子 青海苔 伝統野菜 飛騨 飛騨山椒 七味家本舗 秋山郷 善光寺 戸隠 山菜 辛味大根 あざみ 陳皮 胡麻 野沢菜 おやき さみず 三水 ごま ちりめん 泡盛 味噌汁 堤防 ワカメ 食べるラー油 上尾


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。